肌質別のケア

受け取りにくい肌からのメッセージ

 

美肌を目指す!肌質別の『基礎知識とケア』

またニキビ!

 

なんでいつも目立つ場所にできるの?

 

そんなことを思った経験ありませんか?
実は、肌トラブルは、からだからのサインです。

 

 

からだが求める事をきちんとしてあげれば、
トラブルは直ぐに引っ込みます。

 

 

こころあたりありませんか?

 

3食きちんと食べるようにしたら、
急におでこに出来ていたニキビが引っ込んだり、

 

睡眠不足だったのを、よく寝るように切り替えたとたん、

 

ニキビも治っちゃった!
なんてこと・・・。

 

 

キレイな肌を意識すると、どうしても外部のことばかりになりがちですが、
まずは内部のケアが大切です。

 

そして、それが出来た上で、

 

外部のケアをすることでキレイな肌を保つことが出来ます。

 

 

まずやることは、自分の肌のタイプの確認!

 

まずは自分の肌のタイプをチェックしましょう

正しいケアをする為には、

 

まず自分の肌のタイプを知ることが第一歩です。

 

 

早速、自分の肌のタイプをチェックしましょう!

 

 

下記の項目を1項目ずつチェックしていくと、
あなたの肌のタイプが分かります。

 

  1. 顔を洗った後、ツッパったようになる。
  2. 1日にあぶらとり紙が何枚も必要です。
  3. 脂漏性皮膚炎になった経験がある。
  4. やせ型です。
  5. 生理が重い。
  6. ひどい便秘症です。
  7. ちょっとしたことでイライラしがち。
  8. 足先と手の先がいつも冷たい。
  9. むくみやすい
  10. たまにひどい下痢になる。
  11. 少し歩くとすぐに汗をかいてしまう。
  12. 脇の下や陰部がいつも湿っぽい。
  13. お尻が大きい。
  14. お尻におできができた事がある。

 

チェックが済んだら、
早速、各肌タイプの特徴を見ていきましょう。

 

まず、はじめの方で該当が多かった方は、乾燥肌です。
もしも、このまま更に乾燥が進むとオイリー肌になってしまう状態と言えます。

 

オイリー肌とは、水が細胞にしみ込まない状態で、「脂と水が分離」している状態です。

 

 

後半の内容に該当が多かった方は、少し汗かき方です。

 

汗の湿り気の為に炎症を起こしやすくなっていて、
肌がかぶれるなどのトラブルを起こしやすい状態です。

 

自分の肌のタイプがわかれば次はからだの特徴を見ていきましょう。

 

 

肌タイプ別の解説とケア方法